News Feed 9 - 5 - 2015

この記事は英語のみです。<英語ページへ>

この記事は英語のみです。<英語ページへ>

この記事は英語のみです。<記事へ>

アカデミー賞ドキュメンタリー部門でオスカーを受賞した映画『The Cove』の製作者が、食べ物やワクチンに含まれる水銀が人体にどう影響するのか、海洋の生態の変化に対する危惧について描いている。(英語のみ) 『ザ・コーブ』

このページは英語のみです。<英語ページへ>

(ゴンドウクジラに関して、フェロー諸島の政府へ勧告ー2008年12月1日英語版発表) 拝啓 総理大臣、厚生大臣、貿易産業大臣各位 ゴンドウクジラの摂食を中止することを勧告する フェロー族は何世紀に渡りゴンドウクジラの殺戮を行ってきたが、これは食や文化など多方面において生活に欠かせないものであった。 この国でゴンドウクジラが重要な理由は数多い。クジラなしで年月が経つと、各家庭に影響が出てくる。そして再び神の贈り物として海から姿を現したら、島人達はどんなに喜ぶことだろう。この食料資源が住民の健康を保ち、飢えをしのぐのに貢献していることは疑う余地が無い。 学校の医師たちは1970年代末まで父兄に対して、児童の朝食にクジラの脂肪を必ず加えるよう勧めたものである。しかし、1977年に初めてゴンドウクジラの肉や脂肪、肝臓や腎臓の汚染を記録する調査が行われた。これはゴンドウクジラの水銀の含有値が上がったかどうかを確認するために始められた。この種族は海洋の食物連鎖で上位に属する生物であること、ほかの調査から海洋生物の水銀の含有量が増加したことから、最上位にいるハクジラが注目された。分析した結果はひどいものであった。肉に含まれる水銀値も高いが、それ以上に肝臓や腎臓からは肉の100倍にも上る水銀が検出された。 ゆえに、フェロー諸島の衛生当局はクジラ肉の摂取は一週間に一度とし、肝臓や腎臓は絶対に食べないよう指導することを決定した。 その後の調査から人体への逆影響が認められ、さらに規制がきびしくなった。最新の規制は1998年に発表された次のような内容である。 「脂肪」 脂肪に含まれるPCBの含有量が高いことから、大人のゴンドウクジラの最大摂取は月に1回か2回とする。しかし、将来PCBの有害さから胎児を守るためには、女性は子供を生むまで脂肪を取らないことである。 「クジラ肉」 ゴンドウクジラ肉の水銀の含有量は多く、肉を食べることが水銀の主な摂取源である。それゆえ、大人は月に1~2食に抑えることを勧める。3ヶ月以内に妊娠予定の女性、妊婦、そして授乳中の母親はゴンドウクジラ肉を食べてはいけない。 「臓器」 ゴンドウクジラの肝臓や腎臓は食べてはいけない。 現在までの認識を変えるような新しい情報が発表された折には、上記の勧告をどのくらい調整すべきか考慮する。 過去10年間にわたる科学調査によると、ゴンドウクジラの肉や脂の汚染が人体に有害な影響を及ぼす事実は以前より悲観的な状況に陥っている。 現在の調査結果は次の通りである。 1. ゴンドウクジラの水銀は胎児の神経組織の発達に悪影響を及ぼす。 2. 水銀の影響は成長期の子供たちにも見られる。 3. 母親の水銀摂取が子供の血圧に影響する。 4. 脂肪の汚染物質が免疫組織に悪影響を及ぼすため、児童の予防接種に対する反応が乏しい。 最新の調査によると。。 1.ゴンドウクジラ肉の常食者は、その汚染物質からパーキンソン病に罹る危険率が高くなっているようである。 2.高血圧や頚動脈硬化の危険性は、水銀の含有量が多い成人にみられる。 現在、肉と脂肪の汚染物質により生殖機能が衰えたのではという危惧から、出生率の調査が行われている。 これらの調査結果はグローバルな視点に立って考慮すべきである。海洋の水銀汚染は広がり続け、一例として北極熊の毛から以前に比べて10倍以上もの水銀が検出された。 1900年代後半に、環境への毒物となるPCBが使われ始めた。1980年頃に禁止されたが、ゴンドウクジラの汚染率にそれほどの減少が見られない。殺虫剤代謝物のDDEも環境を害する新しい化学物質で、その親化合物のDDTは現在でも世界各地で使われている。加えて、繊維の染色などに使われる有機フッ素剤やその他の新しい化合物が、ゴンドウクジラの肉を食べた子供の血液の中からより高い濃度で検出された。 最も新しい分析からでも、ゴンドウクジラの水銀濃度は1グラムにつき平均2マイクログラムと高数値を示したままである。欧州連合では、汚染度の高い魚介類に対して、1グラムにつき1マイクログラムを最高値として制限している。ゴンドウクジラはこの数を上回る。アメリカの環境保護局によると、体重1キログラムに対して、0.1マイクログラム(フェロー諸島の調査結果より)の水銀摂取を最高値として制限している。 つまり、70kgの成人が一日に3.5グラムのゴンドウクジラを食べると限度に達する。 脂肪にもPCBやDDE(殺虫剤DDTの分岐物)など、長い間体内に留まる有機化学物が高濃度で見られる。1グラムの脂肪に含まれるPCBとDDEの平均数値は10マイクログラム以上である。PCBに関して汚染の増加を防止するために定められた制限値がいくつかあるが、ほとんどが1グラムに対して1マイクログラム以下である。 ゆえに、現在ゴンドウクジラの肉や脂は、許容量以上に毒性物質を含んでいると結論を下せる。 フェロー諸島の人たちは、世界的見地からしてクジラ肉を食べることが多いので、汚染による人体への影響が大きい。しかし、最新の調査から、妊婦が摂るゴンドウクジラの肉や脂の量が以前と比べてかなり減少していることが分かった。このため妊婦の血液から検出した水銀の濃度に低下が見られたが、PCBの含有量は同じであった。多分、 PCBの分解は時間がかかるという理由からであろう。 近年来、多くの科学文献から判断して、ゴンドウクジラの肉や脂を食べないよう勧告することが正しいとされる時代が来たようだ。 下記の署名者は、人類の健康を守るため、最新の調査結果から次のような結論に達した。 ゴンドウクジラをもはや食料として摂取しないよう勧告する。 このような勧告をすることはとても残念である。何百年にわたり、ゴンドウクジラはフェロー諸島で食され、何世紀もの間、島の人々を生存させてきた。しかし、時代は移り、環境も変化した。それゆえ人類の健康を守る上で、これは必然な勧告であると信ずる。 フェロー諸島に住む私たちに海洋汚染に対する責任はない。それは外部からもたらされたのである。同胞の人々を調査することにより、汚染問題が注目を浴びるようになったのはなんとも皮肉である。しかしその結果、世界中で公害に対してきびしい規制を行うようになった。従って、私たちは結果の重要性を認めるべきである。 御要望により、補充となる情報や関連記事などを提出する意向である。 敬具 パル・ウェイヒー医師(署名)       ホ二・デべス・ジョンセン医師(署名) 主任医師             保健所長

レポートはここです。

「有害政策 ~汚染されたクジラ・イルカ由来食品の販売を禁止しない日本」のPDFはここからダウンロードできます。

EHP 2006年2月号 フォーカス より 環境中のある物質が神経系に損傷を与えることがあり得るという概念は太古からあっ た。鉛の神経毒性は2000年以上前にギリシャの医者ディオセリデス(Dioscerides)によって認識されており、彼は”鉛は精神をおかしくする” と書いた。その後1000年をはさんで、他の多くの物質が既知の又は疑いのある神経毒としてリストに加えられた。この知識の蓄積にも関わらず、どのように 神経毒が発達中の脳に影響を与えるのか、特に低用量曝露の影響について理解されていないことがたくさんある。今日、研究者らは損なわれた神経系の発達の神 秘性を明らかにするために胎児期及び小児期の低用量曝露を調べようと取り組んでいる。<続きを読む> http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/kaigai/kaigai_06/06_02/06_02_ehp_Neuro.html